マガジンのカバー画像

クリエイター

22
エンジニア、デザイナー、グラフィックデザイナー、ゲームプランナー、ゲームプログラマなど、モノづくりに関わるマガジン
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

Webデザイナーの採用強化プロジェクト始動!デザイナー特設ページとカジュアル面談企画「かじゅ8オンライン」を開始!

デザイナー採用強化策の一環として、デザイナー特設ページを10月10日(火)に公開リリースしました。また、2023年10月25日(水)より、デザイナーカジュアル面談企画「かじゅ8オンライン〜エイチームのWebデザイナーとお話ししませんか〜」を開始し、座談会を通じた採用活動も実施いたします。 デザイナー採用を強化今回開設したデザイナー特設ページでは、エイチームライフデザインで働くデザイナーの指針である「Creativity × Tech デザインの力でビジネスを創造する」を全面

【内定者インタビュー】「ありのままの自分」で楽しむことができた、エイチームの採用選考

「ありのままの自分でエイチームの選考を楽しめた。」と語る、ゲームプログラマ内定者のK.S.さん。就活の中で大切にしてきたことやエイチームの選考について、お話しいただきました。 2024年卒 ゲームプログラマ内定者 K.S.さん 福岡県出身。近畿大学 理工学部に在籍中。情報学に加えて教職課程も履修している。課外活動では、100名近い学生が在籍する情報系の部活の部長を務めた経験を持つ。エイチームとの出会いは、会社を代表するタイトルをプレイしていたことがきっかけ。 勉強にも課外

【1/24(水)in名古屋】STUDIO Workshop & Meetup with Ateam in Nagoya

コードを書かずにWebサイトを作成できるデザインツール「STUDIO」を利用したデザインワークショップをエイチーム本社でリアル開催します! Webデザインプラットフォーム「STUDIO」とは 「STUDIO」とは、STUDIO株式会社が提供する、作成したデザインをそのまま実際のWebサイトとして公開が可能なデザインツールです。従来、Webサイトを作成するにはコーディングの知識やサーバのセットアップなど専門知識やスキルが必要でした。しかし「STUDIO」は、本来Web制作に

涙なしで語ることができるよやきゅん♡誕生の裏側 ~比古志どこ行ったんや~

みなさま、こんにちは。大広WEDOという広告会社から、エイチームライフデザインに今年の10月からやってまいりました、西田良平と申します。 大広にいたときから、クリエイティブディレクターとして引越し侍のTVCM等を企画、ディレクションさせていただいておりました。もう10年以上になるでしょうか。そんなお仕事の中で、よやきゅん♡というアイドルは生まれました。見たことねえよという方がおられたら切ないですが、まずはこちらのTVCMをご覧ください。どうぞ。 ありがとうございました。これ

【内定者インタビュー】将来は「新しいエンターテインメント」を生み出すゲームプランナーになりたい。自分に向き合い、やり直した就活で掴んだ夢

就職活動をやり直す、という大きな決断をしてエイチームに入社予定のゲームプランナー職の内定者のA.O.さん。悩みながら成長した就職活動や、将来の夢についてお話ししてもらいました。 2024年卒 ゲームプランナー内定者 A.O.さん 愛知県出身。名古屋大学大学院 情報学研究科 修士課程修了。大学院では自然言語処理を専攻し、「麻雀の実況解説文の自動生成」を目標に研究を行う。エンジニアリングを学ぶ傍ら、アカペラサークルに6年間所属し、サークルライブの企画・演出等にも携わる。趣味は謎

【社員対談】アウトプットをエイチームの文化に!社内外へ積極的な発信を続ける「アウトプットプロジェクト」の活動内容に迫る。

2022年11月、エイチーム社員による積極的な発信を促進することを目的に「アウトプットプロジェクト」が発足。今回の対談では、社内を代表するアウトプットのエキスパートが集い、自身のアウトプット活動からプロジェクト発足の背景、具体的な活動内容、今後の目標など様々なテーマについて語り合ってもらいました。 綿貫 佳祐さん Qiita プロダクト開発部 部長 藤原 宏祐さん エイチームライフデザイン アドマーケティング部 マーケター 出口 裕貴さん Qiita プロダクト開発部

【社員対談】職場改革を推進!みんなが笑顔で働ける環境をつくりたい。社内SE集団「IT統括部」のこれからのビジョンとは?

2023年5月に「IT戦略グループ」から社内の情報システムに関する専門部署として新たに発足した「IT統括部」。今回はIT統括部のエンジニア4名に、部署へかける想い、今後の目標、採用したい人物像などについて語り合ってもらいました。 IT統括部 部長 高橋 宏明さん IT戦略グループ マネージャー 廣木 慎吾さん IT戦略グループ 松浦 大志さん セキュリティ推進グループ 杉本 啓史さん IT統括部の発足の背景と役割を教えてください高橋 さん IT統括部が発足する以前は

【エンタメ事業】各分野で最も活躍した人たちは、やっぱり熱い人たちだった…!

はじめまして。エイチームエンターテインメントで総務・人事領域を担当している奥村です!(#情に厚い #涙もろい #1児の母) 事業部のみんながさらに活躍できるよう、サポートする仕事をしています。 これは何の記事?2023年7月(期の終わり)に、エンターテインメント事業に関わるスタッフの中から「今年最も活躍したスタッフ」の社内表彰式を行いました! エイチームグループは「お互いを認め合うこと」を大切にしています。表彰されたメンバーの「成功の秘訣」「業務にかける想い」「ユーザーへ

拝啓、未来の仲間のあなたへ。「デザイン開発本部長からのお手紙」

未来の仲間のあなたへ このお手紙は、エイチームライフデザイン デザイン開発部の部長である馬場 龍(以下、私)が、未来の仲間であるあなたに向けて、筆を取りました。私たちは「仲間集め」をモットーに、“Ateam Purpose”である「Creativity × Techで、世の中をもっと便利に、もっと楽しくすること」の実現に向けて、一緒に働く仲間を探しています。   お互いの幸せな出会いのため、自分をオープンにして対話を大切にしていきたいと思っています。このお手紙には、私たちエイ

お客さまが使いやすいマイページとは?

こんにちは。 OBREMO事業責任者の加藤とデザイナーの丹羽です。 いつもOBREMOをご愛顧いただいている皆さま、本当にありがとうございます。 このnoteでは、OBREMOの「マイページ」がより使いやすくなるために日々進めている改善活動や考えていることをお伝えしようと思います。 OBREMOが重要視しているマイページ「愛犬と食卓を囲もう」というタグラインに沿って、ドッグフードはワンコにとって大切なごはんであると考えて運営しています。 そんなOBREMOは、おかげ様で多

『インハウスブランド名鑑』を公開!「Qiita」「OBREMO」「ハナユメ」のブランド秘話を大解剖

デザインリファレンスサービス「Cocoda」とのタイアップ企画『インハウスブランド名鑑』に、エイチームの各ブランド「Qiita」「OBREMO」「ハナユメ」が参画しました。 本企画は、「ブランドアイデンティティの定義や浸透」「ガイドラインの更新プロセス」「制作物やコミュニケーションへのブランドの浸透」など、デザイン組織の中での継続的なブランドづくりに関する事例をまとめています。 また、記事公開を記念して、2023年11月21日(火)に「エイチーム×Cocoda共催!つくっ

【内定者インタビュー】オールラウンドに活躍できるデザイナーに!デザインの力で「分かり合えない」を解消したい

デザイナーとしての活躍の幅を広げて、将来はデザインの力で「分かり合えない」を解消したいと語るのは、2024年4月に入社予定のデザイナー内定者のR.K.さんです。それに至る経験や今後の目標について語っていただきました。  2024年卒 デザイナー内定者 R.K.さん 愛知県出身。名古屋市立大学 芸術工学部に在学中。大学ではグラフィックデザインを専攻し、特に紙媒体のデザインに取り組む。幼少期のチームスポーツでの苦労や大学でのアルバイト経験から、「人と人は簡単には分かり合えないか

サービスの「らしさ」を築くためにデザイナー全員で取り組んだ3つのこと

こんにちは! 株式会社エイチームライフデザイン、ブランド戦略部デザインGマネージャーの早野由梨奈です。 私は現在ブランド戦略部と、デザイン開発部のマネージャーを兼任しており、主にデザイナーのマネジメント業務を行なっています。 この二つの部署では、結婚式場検索サイト「ハナユメ」を担当しています。 ブランド戦略部ではブランド資産作りを目的とし、デザイナーは主にマス広告の制作やSNSの企画/運用、サービスごとのブランドの一貫性や品質担保を担っております。 デザイン開発部では、U

“Ateam Purpose”を実現するエンジニアの役割とは。創造性の高いビジネスに挑戦するエンジニア組織

2022年9月にエイチームの社会的意義を言語化した“Ateam Purpose”として、「Creativity × Techで、世の中をもっと便利に、もっと楽しくすること」を発表しました。創造性の高いビジネスに挑戦していくための「技術」の役割とは。付加価値の高いビジネスを創出するために、エンジニア組織はどのような役割を果たすのか。自身の経験やキャリアを振り返りながら、Qiitaのエンジニアマネージャーにお話しを聞きました。 Qiita プロダクト開発部 共通基盤開発グループ